2009年1月22日 星期四

http://pomeloblog.blogspot.tw/2009/01/blog-post_22.html

一齣爛戲

消費券發放出了一點狀況,不知道是有領取但工作人員沒蓋章、或是數錯張溢發、或是遺失短缺等等,反正等同於金錢的消費券數字對不起來,這當然形成了一種瑕疵跟過失,不管金額大小,那是我們及我們子孫的負債,是寅時吃掉的卯糧,是用超過三千六的代價換來的三千六,當然要好好的把帳對清楚。

前置作業不足、這樣的發放方式也很難會沒有失誤,我想凡是人都可理解,也因此我們常見的被罵到臭頭的情況並沒有出現,反而是廖了以部長自責到令人錯愕的地步......

很奇怪吧!沒有那麼慘絕人寰好嗎?這些不見的錢根本只是你們浪費掉的錢的零頭屑屑!堂堂一個部長,就像我這麼軟弱的去做,也不至於哭哭啼啼,自己不是說什麼0.007趴嗎?做的很好ㄚ,那哭什麼?說穿了,就是做官、就是在演!

馬政府舉債而來的"特效藥",只許成功不許失敗的政策,也是馬政府最寄予期待的招數,竟然凸槌了,還不知道成不成功,光發放就出事,真是觸霉頭,執政一無是處的狀況下,叫你發幾張紙你也會出錯,當真是協助無能的政府下註腳......,這樣看來,為了仕途以及涉嫌陷馬政府於不義,肯定是悲從中來以致真情流露(老闆有看到嗎?我好可憐)!

也有可能是,已經有一堆白目皓呆官員發言不當了,那態度放軟應該才是聰明的選擇,把事情講的很嚴重、一切罪己,不僅可以贏得辛苦工作人員的擁戴、也幫馬政府維護好形象,這樣的話,哭不出來也要想辦法哭(頭家有看到嗎?我好盡責)!

演到這裡其實已經over了,沒想到,這個戲班子還真龐大,【消費券/廖了以哽咽願擔全責~ 劉揆、朝野立委紛力挺】、【廖了以賠錢下台?藍委:要賠大家一起賠】、【廖了以落淚擬辭職 女兒相挺 】、【中縣政壇人士挺廖了以 願募款補消費券差額】、【廖了以鄉親:很多鄉親願幫他賠】、【溢發消費券 伯公疼了以】、【消費券短缺 劉兆玄安慰廖了以】、【消費券短缺自責 馬劉肯定廖了以】......,真的是昏倒了!

我終於了解國策顧問裡面為什麼要有孫翠鳳了~~XD!

2009年1月10日 星期六

http://pomeloblog.blogspot.tw/2009/01/2009110.html

【朝日新聞2009/1/10】韓國景氣明顯惡化

日本朝日新聞報導,韓國因為金融海嘯導致出口大幅掉落,連帶影響內需市場,景氣正明顯持續惡化中。
去年以來就已經是貨幣大貶、股市大跌,11月起出口又衰退了20%以上,加上國內消費不振,韓國的經濟真正苦難來臨。

以SUV車為主力的雙龍汽車外銷訂單減少、國內也銷售不佳,1/9申請了公司重整;汽車與半導體等主力產業衰退幅度超過1998年亞洲金融風暴時的程度。
韓國銀行已宣布2008年第四季GDP為負成長,也已經有人預測2009年第一季經濟將繼續萎縮、GDP也將是負成長。
出口嚴重衰退、內需消費低迷、民間就業困難,韓國銀行再度降息0.5%,韓國政府祭出四年50兆韓元、韓國版的Green New Deal,期待提升景氣與創造就業機會。

asahi.com(朝日新聞社):韓国景気、悪化あらわ 輸出が急減、内需も不振
2009年1月10日7時28分

【ソウル=稲田清英】韓国の景気悪化が鮮明だ。金融危機に始まった世界的な需要縮小で輸出が一気に落ち込み、内需の不振も加速している。9日には国内自動 車5位の双竜自動車が経営破綻(はたん)。韓国銀行(中央銀行)は昨年10~12月期の国内総生産(GDP)成長率が約5年ぶりのマイナス成長に転落した ことを明らかにし、政策金利を0.5%幅引き下げた。

双竜自動車はSUV(スポーツ用多目的車)を主力にしてきたが、輸出減に加え、昨年の国内販売は約4万台と前年より約35%減った。大手5社でも落ち込みが際だち、国内シェアも5%から3.4%に低下。資金繰りに窮し、昨年12月には給与の支払いもできなかった。

経営権を持つ中国自動車大手の上海汽車と支援協議を進めたが、人員削減など今後の再建策を巡って合意できなかったとみられ、9日に法定管理(日本の会社更生法手続きに相当)を申請。経営再建をめざし、希望退職や賃下げなどの努力を続けるという。


韓国では急激なウォン安や株価下落こそ、最近はやや一服しつつある。だが、昨年11月以降の前年同月比で20%近い輸出の急減や、内需不振により、実体経済の悪化が本格化してきた。


昨年11月の鉱工業生産指数は前年同月より14.1%低下。自動車や半導体など主力産業が落ち込み、下げ幅は通貨危機当時の98年7月(13.5%)を上回って過去最大だった。消費も振るわず、昨年11月の消費財販売は約6%減った。


新規就業者の伸びも急速に鈍り、雇用への不安も広がりつつある。政府は河川整備や環境技術の開発といった韓国版「グリーン・ニューディール(緑の内需)」政策に4年間で50兆ウォン(約3兆5千億円)を投じると発表。景気浮揚と雇用創出に躍起だ。


韓国銀行も9日、政策金利を0.5%幅引き下げ、過去最低の年2.5%とした。約4年ぶりの金融緩和に転じた昨年10月以降、利下げは5回目。下げ幅は計2.75%に達した。

09年1~3月期のGDP成長率も「実体経済の萎縮(いしゅく)が本格的になっており、マイナス成長の可能性は十分ある」(エコノミスト)との見方が出ている。